FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トリックホリック使用構築】選出二極化イーブイバトン【最高1762】





トリホリ

トリホリ最高レート





どうもはりゃんです。
インターネット大会のトリックホリックに参加してきました。
結果は色々あってよろしくなかったですが、イーブイバトンの記事が今のところ見当たらなかったので構築を公開します。

ルールは怖いと言われるポケモンのみ使用可能シングルです。
細かいルールは割愛しますが。




使用したのはこちら

トリホリ使用構築





<構築完成まで>


ガラガラガラガラが出場可能なので大会に出ようと思い、活躍させる手段を考えるところからスタート。

このルールではマーシャドーミミッキュが強く、更にその2匹に強いドヒドイデは絶対数が多いと考えていた。

この3匹にはアローラの姿よりも従来の姿の方が有利だと考えガラガラを採用。
地面の一貫も切りやすいルールではないと思っていたし、
先制技=影撃ちになりやすいこのルールでは尚更従来の姿の方がいいはず。
ただしミミッキュに対しては上を取れず剣舞Zで落とされるため、活躍させるにはサポートが必要だと考えた。

ここで改めて使えるポケモン一覧を確認したところ、なぜかイーブイが使える(怖い・・・?)のに気付き採用。
ガラガラの骨くによりマーシャドーの気合の襷を貫通して一撃で倒せたり、
ミミッキュを化けの皮込みで一撃で倒せたりしてとても相性が良い。


身代わり貫通かつ積み技奪取技のシャドースチールが飛んで来やすい環境なので、
身代わりと積み技・それを妨害する挑発の採用は全体的に少なめになると考えて欲しい要素を考えたところ、

・S操作が出来る
・退場技がある
・挑発を覚える
・対面固定技を覚える
・相手の火力を下げるまたは味方の耐久を上げられる

の5点は必須だと考え、欲しい全要素を満たしていたベトベトンを採用。



残りの3匹をどうするかだが、このルールではまともな起点作り役がほとんどおらず(退場技が無かったり挑発がなかったり)、更にバトン先のエースもガラガラ以上のポケモンがいないと思ったため、
イーブイバトンをこれ以上強化するのは不可能だと決め撃ちし、
シンプルに強そうな3匹を並べて対面選出も出来るようにした。


まず対面性能の鬼であり汎用性の塊であるマーシャドーを採用。
次にそのマーシャドーに弱くなく、積みへのストッパーが出来て汎用性の高い襷持ちのミミッキュを採用。
最後にトップメタのマーシャドーミミッキュに強く、対面操作が出来て受け出し性能が高いゴルバットを採用して構築が完成した。



バトン先のエースとして王者の印投げつけるポケモンを考察してはいたが、
前述通り自分が襷マーシャドーを使わずにミミッキュに渡している時点で同じ考え方をしている人間がいるはずであり、
自分と同レベル以上の考察をしている相手に見えない不確定要素を押し付けられて負けたくなかったので採用を見送った。








<個体解説>




★ガラガラ(従来の姿)

ぽけっとふぁんくしょん!
ガラガラ地@ふといホネ(カブトアーマー・ようき)
141(44)-132(252)-130( )-63( )-100( )-101(212)
ホネブーメラン/じしん/おんがえし/みがわり




※調整意図
A:極振り
S:+2状態で最速130属抜きスカーフ(実数値134のスカーフ持ち)抜き
H:4n+1

Hをあと4落としてSに回すべきでした


骨くを当て続けられれば最強のバトン先です。
バトン最大の敵である襷マーシャドーのシャドースチールを連続技で破壊します。
技構成はマシャミミワンパン用の骨く、安定打点の地震恩返しまでが確定。
最後は威嚇やロトムなどの鬼火・ドロポンの試行回数を稼げる等を考えて身代わりを採用しました。
これのおかげでグライオンに安全に勝てるようになりました(超重要)

やつあたりでなく恩返しなのは、
・メタモン対策が必要でない(メタモンは太い骨を持っていない)
・何よりガラガラに嫌われたくなかった
の2点から恩返しにしました。

メタモンからガラガラへの地震は半分入らず、ガラガラからメタモンへの地震は半分以上入るので、
バトンの天敵であるメタモン対策もガラガラ1匹で事足ります。

本当に無理なときは裏選出すればメタモンはカモです。



特性のカブトアーマーが本当に偉くて、バトンによくある急所ワンチャンを掴ませないのが強かったです。
骨くと地震を両採用して命中安定高打点の恩返しを採用したお陰で、
命中不安技をほとんど押さなくて済んだのもそこそこ勝てた要因かなと思います。

何回も3タテ出来てとても楽しかったです








★イーブイ

ぽけっとふぁんくしょん!
イーブイ@イーブイZ(きけんよち・ずぶとい)
130( )-54( )-110(236)-77(92)-85( )-98(180)
アシストパワー/とっておき/みがわり/バトンタッチ




※調整意図
C:H252D4振りドヒドイデをエボルヴアシストパワーで確定1発
S:+2状態で最速マーシャドー抜き抜き
B:残り
A:一致イカサマを身代わりが最高乱数以外耐えるように個体値0

4n+2なので身代わり効率はHP実数値を1増やして奇数にしても変わることはありません。




怖いポケモン(・・・?)

イーブイ自体がマーシャドーに弱くなくて本当に良かったです。
マシャ対面でインファ読みバトンとバトン読みシャドースチール読み身代わり(アシパ)の択を仕掛けにいけるので、
マシャを後出しされて負けたことは一度も無かったですね。
シャドースチールを押させるためにわざと格闘無効2匹と半減(1/4)2匹入れて霊無効に入れなかったのが何度か功を奏しました。
一応HP満タン状態であれば最高乱数引かない限り耐えるので強気にアシパを押せます。



イーブイ自体の火力も低くないなく、バトンせずに3タテすることもありました。
エボルヴアシパが陽気メガガルーラの恩返しぐらいの火力ですからね。






★ベトベトン(従来の姿)

ぽけっとふぁんくしょん!
ベトベトン毒@でんきだま(ねんちゃく・ずぶとい)
207(212)-99( )-112(52)-85( )-120( )-101(244)
なげつける/ちょうはつ/まとわりつく/おきみやげ




※調整意図
S:電気玉投擲後に麻痺した最速130属抜き
HD:特化ウルガモスの+1サイキネ確定耐え
HB:陽気マーシャドーの七星奪魂腿確定耐え=シャドースチール急所+影撃ち確定耐え
A:イカサマのダメージ意識の個体値0



トリックホリック環境において麻痺技(追い風・怖い顔)と対面固定技と挑発と置き土産を覚えて、
なおかつマーシャドー対面でほぼ2回動くことが可能なのはベトベトン以外存在しません。
(近しい条件を満たせる技構成の両壁挑発大爆発を覚えるポケモンは存在しません)

アローラの姿でなく従来の姿を採用した理由ですが、
考察当初この環境はドヒドイデに刺さりやすい叩き落とすと拘りトリックが強い環境だと考えていました。
なのでイーブイバトンと見て電気玉投げ付けるを読んで行動してくる相手に対して安定行動を取れる特性粘着の従来の姿のほうが使いやすいと判断しました。
ベトベトン自体の耐久は元々高く、従来の姿でもアローラの姿でもほぼ必ず一撃は耐えられるので、
粘着でないアローラの姿を採用した方が良かった場面は一度もありませんでした。


技構成は麻痺技の電気玉投げ付ける、退場技兼擬似的な両壁となる置き土産、置き土産を押すターンにドヒドイデが出てくるととても困るので対面を固定して退場したりドヒドイデを逃がさず起点にするためのまとわりつく、滅び持ちや黒い霧持ちにそれを押させない+起点回避のための挑発で確定です。
他の技を採用する余地はありません。


数多の挑発持ち達や身代わりサザンドラなど以外にはしっかり起点を作ってくれる偉い子でした。
逆に言えば「身代わりや挑発持ちはいない」という事前考察が完全に間違っていたので、
見えないところからやられて活躍をさせてあげられなかったのがベトベトンには申し訳なかったです。



余談ですが、従来の姿のベトベターは性格厳選が7世代では不可能なので、
早くこのクソ仕様をどうにかしてほしいなと思いました。
(わざわざ過去作起動しました)








★マーシャドー

ぽけっとふぁんくしょん!
マーシャドー@ラムのみ(テクニシャン・ようき)
165( )-177(252)-101(4)-99( )-110( )-194(252)
シャドースチール/インファイト/かげうち/いばる




※調整意図
AS:極振り
B:余り



普通のマーシャドーの襷がラムになりました。
裏選出を強要された際にマシャミミゴルバットだとドヒドイデに勝てないので、
後出しに対しては高めな確率で勝てるようにしました。

一度も出会いませんでしたが、バトン選出はマタドガスに出会った瞬間出せなくなるので、
そこに勝つためのラム威張るでもあります。

有利対面ドヒドイデ引き読みで威張った後に素引きされても、
裏にシャドースチールが入ってまた威張るとの択が発生するのでマシャの威張るは他の威張るより合法感が強かったです。

この構築では特にマシャの4つ目の技は個人的には威張る以外ないかなと考えています。


マーシャドーはどうせ襷だからという固定観念を持つ人たちは少なくないと考え、
一撃で倒しにくる人は多くないんじゃないか、
それならば素の耐久もあるし襷を持たなくても1発は耐えるのでは?と思い襷を外しました。
マシャに麻痺入れに来たオニゴーリ構築なんかは初手こいつ投げるだけで崩壊しましたね。

デンジュモクやダークライに催眠当てられても関係なく勝てるという点でもとても優秀でした。









★ミミッキュ

ぽけっとふぁんくしょん!
ミミッキュ@きあいのタスキ(ばけのかわ・いじっぱり)
131(4)-156(252)-100( )-63( )-125( )-148(252)
じゃれつく/かげうち/つるぎのまい/のろい




※調整意図
AS:極振り
H:余り



マシャから外した襷をこちらに渡しました。
マシャミミゴルバットはゴルバットを一番大事にしなければならない状況になりやすく、
ゴルバットが不利対面を取った瞬間引けなくなって終了となるのが最悪なので、
強引に引き先になれるようにしました。

やはり襷が読まれ辛かった印象で、様々な場面で有効に働いてくれました。
ステロ撒きは初手マシャ対面でステロ撒かずにマシャを削りにくるので、
ミミッキュで止めて勝ちのパターンは何度かありました。


Q.襷呪いマジ?

A.マシャ削れた後のドヒドイデにワン残せる用






★ゴルバット

ぽけっとふぁんくしょん!
ゴルバット@しんかのきせき(すりぬけ・わんぱく)
182(252)-100( )-134(252)-76( )-96(4)-110( )
とんぼがえり/どくどく/くろいきり/はねやすめ




※調整意図
HB:極振り
D:余り



普通のゴルバットですが、
バルジーナが嫌だったので上から毒を入れるために性格を腕白にしました。
全く見なかったので素直に最遅にしてS振ったガオガエンの下から蜻蛉返り出来るようにするべきでした。

イーブイバトンが強烈にマシャミミを呼ぶので、
その2匹+何かの形でミラーした際にゴルバットがこちらに勝利を呼び寄せてくれることが多かったです。

舐められまくった物理3枚選出されたときは余裕の3タテをかましてくれました。


すり抜け毒々でマシャと合わせて猫の手催眠にも強くなったので採用して正解でした。








<戦績>

31勝13敗(勝率約70%)

最高レート1762

最終レート1745ぐらい



<選出>


表選出
ベトベトン+イーブイガラガラ

バトン出来そうな時に投げます。



裏選出
マーシャドー+ミミッキュゴルバット

バトン出来なさそうな時に投げます


超裏選出
マーシャドー+ミミッキュガラガラ

バトンが出来なさそうでなおかつデンジュモクがどうしようもなかったり、
ガラガラが刺さってる場合のみ投げます







<なんか色々と>


ガラガラが強くていっぱい活躍させられて楽しかったです。
やはり好きなポケモンを活躍させて勝つのは楽しいですね。



大会当日本当に偶々ネット回線が最悪だったので、
皆さんは大会に潜るときは回線がいいところで潜りましょう!(サブロム4連回線切れで爆死)











スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はりゃん

Author:はりゃん
ガラガラと一緒にレートで戦っていく人

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。