記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ToT使用構築】重力トリル式ガラガラスタン【インターネット大会】

ToT




どうもはりゃんです。
今回はインターネット大会「トリック・オア・トリート!?」に参加してきました。
発表されたときはあまり参加する気はなかったのですが、参加可能ポケモン一覧を流し読みしていたときに

104 カラカラ
105 ガラガラ

という文字を見つけてしまったので、参加を決めました。

参加可能なポケモンは進化前などの使えなさそうなポケモンを除くと
020 ラッタ
024 アーボック
025 ピカチュウ
047 パラセクト
089 ベトベトン
094 ゲンガー
104 カラカラ
105 ガラガラ
110 マタドガス
114 モンジャラ
122 バリヤード
132 メタモン
141 カブトプス
164 ヨルノズク
168 アリアドス
169 クロバット
197 ブラッキー
198 ヤミカラス
210 グランブル
229 ヘルガー
262 グラエナ
269 ドクケイル
275 ダーテング
292 ヌケニン
295 バクオング
302 ヤミラミ
303 クチート
317 マルノーム
319 サメハダー
332 ノクタス
336 ハブネーク
337 ルナトーン
344 ネンドール
354 ジュペッタ
359 アブソル
362 オニゴーリ
426 フワライド
429 ムウマージ
430 ドンカラス
435 スカタンク
442 ミカルゲ
452 ドラピオン
454 ドクロッグ
461 マニューラ
465 モジャンボ
472 グライオン
477 ヨノワール
478 ユキメノコ
479 ロトム
510 レパルダス
528 ココロモリ
545 ペンドラー
550 バスラオ
553 ワルビアル
561 シンボラー
563 デスカーン
569 ダストダス
571 ゾロアーク
576 ゴチルゼル
593 ブルンゲル
596 デンチュラ
606 オーベム
609 シャンデラ
623 ゴルーグ
635 サザンドラ
637 ウルガモス
678 ニャオニクス
681 ギルガルド
687 カラマネロ
709 オーロット
711 パンプジン
715 オンバーン

の計73匹ですね。



この中から僕が選んで使用した6匹がこちら
ToT

大会始まる前は個人的に最高クラスの構築を作れた気でいたんですが、終わってみれば酷い結果になってしまいました・・・orz

なので今回は参加記念メモのような感じで雑に書きます。




☆パーティ完成に至るまで

まずガラガラを入れることが確定、
次に重力とトリルを両方使えて、パラセクトとヤミラミ対策になる神秘の守りと猫騙しを防げるファストガードを使えるニャオニクスが入ってくる。
猫騙しと先送りで相手を妨害しながら悪戯心で重力出来るヤミラミが入ってくる。
サザンドラを重く感じたので削り役が出来て威嚇でトリルをサポートしつつ、自身がアタッカーになれるグランブルが入ってくる。
トリル要員がもう1匹ほしいと感じ、猫騙し無効でヤミラミと並べたときに重力トリルと重力催眠の両方を選択できるゲンガーが入ってくる。
最後にここまでで重いモジャンボを誘って倒すことが出来、一貫性の高い一致技で削りとサイクル回しが両方出来るロトムが入ってきた。




☆個別解説
技・持ち物・特性は省略します



★ガラガラ
105.gif

勇敢 HA極振り
S個体値が5で、最遅45族(グランブル)抜き調整

重力下の地面技の一貫性が高いので、ホネブーメランと地震両採用です。
ダブル補正地震でHB特化FCロトムを乱1に出来ます。
今大会のロトムは火力に振るか、耐久方面もDに振るかしてる個体が多かったので、
地震を当てたロトムは全て一撃でした。
重力地震と岩雪崩で味方含め6匹を持って行ったこともあります。
場を整えさえすれば非常に強かったです。

たまにけたぐりや叩き落とすがほしい場面もありましたが、基本的にはこれでよかったと思います。




★ニャオニクス
ニャオニクス

穏やか HDベース

耐久の目安としては
特化ギルガルドのシャドーボール確定耐え
特化ウルガモスの虫のさざめき確定耐え
といったところです

ナモの実は叩き落とす対策ですね。おかげで大体の攻撃を一発耐えます。
耐えてトリルして重力して地震に巻き込まれて退場の流れはやってて楽しいですし、何か美しさを感じました。

攻撃技か威張るを入れたいなと思うことはあったのですが、結局抜く技がなかったのでこれでよかったと思います。




★グランブル
グランブル

勇敢 HADベース
S個体値0の最遅個体

Aを11nの176まで振り、晴れパの対策としてHDを特化シャンデラの晴れオーバーヒート耐えまで振っています。
威嚇とフェアリー技はかなり優秀でした。
噛み砕くも下からギルガルドを殴る有効な手段だったので入れて正解だったと思います。
怒りの前歯は火傷したり威嚇を貰いまくったりしたときでも最低限の削りが出来るようにと入れましたが、他の技でもよかったように感じます。




★ロトム
ミトム

控えめ HCベース

最悪トリルを貼らずとも活躍できるように、多少Sに振っています。
C特化眼鏡シグナルビームでH振りモジャンボが丁度確1ということは多分誰も知らなかったと思います。

単体で普通に強かったので特に言うことはないですね。
強いて言うならエレキネットが欲しかったですが、トリパにエレキネットはアンチシナジーだと思うので微妙なところです。




★ヤミラミ
ヤミラミ

慎重 HDベース

C特化ミトムの眼鏡ドロポン確定耐え調整をして、余りをヤミラミミラーで上から動けるようにSに振っています。

こいつの先送りから隣でトリル→成功後にトリル要員が倒されるという動きが出来、エースを最大ターン場に残せる動きが出来るのは強かったです。
他にも相手のヤミラミに上から先送りし、鬼火が入らない状態からグランブルで上からじゃれついたり、
重力先送りでガラガラを縛っているロトムを逆に縛れたりも出来たので、
先送りという技が非常に強かったです。

ニャオニクスもそうですが、やりたいことを全部詰め込んだ結果、汎用性をドブに捨てたような技構成になりました。




★ゲンガー
ゲンガー

臆病 CS極振り

マジカルシャインで無振りサザンドラが乱数でしか落とせなかったり、異常祟り目をギルガルドに乱数で耐えられたり、
絶妙に火力が足りていないポケモンでした。
初手ヤミゲンでギルガルドを鬼火祟り目で落とせるのはこの構築ならではだと思います。鬼火外して保険発動してたけど・・・
重力催眠は確かに強かったのですが、このパーティではコンセプト的にどちらかというとオマケです。
片方に重力催眠

ゲンガーの襷発動

起きてるほうに先送りしてトリル

トリルが成功しつつゲンガーが落ちてガラガラが降臨

この流れが出来ればほぼ勝ちでした




☆選出

基本的にガラガラニャオニクスは基本的にセットで出し、ゲンガー出すときは必ずヤミラミも出してました。
基本選出は特にありません。
相手に合わせて変えていました。

選出率もガラガラが高い以外はかなりバラけていたと思います。




☆反省
運悪すぎましたね・・・・・・
基本的に命中不安技は重力してから撃っていたのですが、重力せずに撃ったとき限って外したりしていました。
岩雪崩をなるべくされないように岩の一貫性を意図的に切っているのですが、なぜか他に有効打がある場面で撃たれて怯んでました。
明らかな怯み狙いはやめて欲しかったです。
相手はギルガルドとグランブルが対面にいて、トリルを貼った状態でガラガラとグランブルを並べることが出来た時に、
最遅グランブルの同速負けからの岩雪崩で両怯みは本当に泣きそうになりました。
あとこの大会で始めて知ったのですが、重力催眠って外れるんですね・・・

挑発クロバットを切ってしまっていたのもダメな点だったと思います。
実はshow downでこのルールを遊んでいたのですが、最終的に挑発クロバットはいなかったので完全に忘れてしまっていました。
(最初期にはかなりの数いた)




☆何か
ガラガラはこの大会の為に国際孵化したのですが、結果を出して上げられなかったのが悔やまれます。
S個体値5の時点で使うことはもうないと思いますが、いつかこの調整が役に立つときを見つけて使ってあげたいと思っています。


実機で結果を出さなければ意味無いですが、
show downのこのルールで他のパーティを使い、
ぶっちぎりの最高レートを叩き出して1位になれたのは嬉しかったです。





ここまで読んでありがとうございました。
今回は結果が揮わなかったので雑ですみませんm(-_-)m
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はりゃん

Author:はりゃん
ガラガラと一緒にレートで戦っていく人

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。